2011年02月27日

坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、分離症・すべり症、椎間板ヘルニア改善 プロ野球選手も御用達!中川式腰痛治療法

プロ野球選手も使う、中川式腰痛治療法は、これまでに50万人の人達を痛みから救ってきた腰痛治療法です。
治る見込みがないと医師にさじを投げられた1000人以上の「坐骨神経痛」、「脊柱管狭窄症」、「分離症・すべり症」、「椎間板ヘルニア」、など様々な患者の腰痛さえ治すことができた腰痛治療法をお伝えします。




>>>詳細を先にみる


あなたは今、腰痛の症状はどの様な状態でしょうか?

・今は、体を動かすことすら辛い・・・

・腰の激痛のせいで体を少し動かすだけでもストレスを感じる・・・

・なんとかして腰の痛みを緩和させたい


そんなあなたの為に、ご自宅で簡単に出来てしまうプロスポーツ界でも用いられている治療法があるんです。

以下、抜粋
↓ ↓ ↓

本当は中川院長が直に、お一人、お一人、見てあげたい。
この方法を今すぐにあなたにお教えしたいのですが通院されるのが難しい方も居られると思います。

そして私は現在、日本中で講演や実施など、時間的にも制限があり、あなたにお伝えするには限界があります。
そこで、腰痛にお悩みのあなたのために、この治療法のすべてをまとめた書籍を執筆致しました。

この内容には、もちろん手術や投薬なんて必要ありません。

そして、この治療法を知れば、手術以上の効果が得られます。

何より、痛みが再発することもなくなります。

もう、病院、民間治療に通う必要もなく、大金を払う必要はありません。
腰に不安のない快適な生活を送れるようになります。

腰痛を治せるか、治せないか、その違いは、正しい腰痛治療法を知っているか、知らないかそれだけの違いなのです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、腰痛を治すことは十分に可能なのです。

あなたも、1日、1週間、と実践していくうちに「あれ?痛みがない!!」と実感していくことです。

まず全くリスクなくこの腰痛治療法を試していただけるよう返金保障をも、お付けしております。
もし、腰痛が改善されなければ、この書籍の費用を全額返金しております。


>>>もっと詳しく知る

>>>腰腰を改善解消する











posted by 治る at 13:55| 中川式腰痛治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎間板ヘルニアの原因改善方法 坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、分離症・すべり症改善 プロ野球選手も御用達!中川式腰痛治療法

中川式腰痛治療法は、これまでに50万人の人達を痛みから救ってきた腰痛治療法をお伝えします。
治る見込みがないと医師にさじを投げられた1000人以上の「坐骨神経痛」、「脊柱管狭窄症」、「分離症・すべり症」、「椎間板ヘルニア」、など、様々な患者の腰痛さえ治すことができた腰痛治療法をお伝えします。




>>>詳細を先にみる


腰椎椎間板ヘルニアの原因はこのようにして起こる

椎間板ヘルニアが起こる原因として、腰椎にかかる「縦のストレス」と「反るストレス」があります。

「縦のストレス」とは、現代人の生活環境に大きく関わっていますが、長時間不自然な姿勢でいたり、座りっぱなしだったりすると自分の体重を腰椎で支え続け、大きなストレスがかかります。

「反るストレス」とは、前かがみで重い物を持ち上げたり、激しいスポーツをして腰をひねったり、などといったことがきっかけでヘルニアになることが多いのです。

それによって、椎間板の中にある髄核という少し水分を含む物質ですが、それが圧迫されて飛び出し神経を刺激します。

そこには坐骨神経があります。その坐骨神経に圧迫が加わって腰が痛い、足が痺れるといった症状が表れます。

坐骨神経とは、「第四腰椎」と「第五腰椎」の間にある神経と、「第五腰椎」と「第一仙椎」の間にある神経をいいます。


「椎間板ヘルニアが起こる原因を、あんこ餅を使って説明していきたいと思います」

出来立てのあんこ餅を手の平に乗せて上から「ギュッ〜」と力を入れて押さえると、皮の薄いところからあんこが出てきます。

椎間板ヘルニアもこれと同じ原理でおこります。
簡単に言えば、椎間板に圧力が加わって、中の髄核が飛び出したのが「椎間板ヘルニア」なんです。

下の絵をご覧になって見て下さい。このように縦のストレスなどで、
椎間板が飛び出し坐骨神経を圧迫している症状のことを「椎間板ヘルニア」といいます。

ヘルニア図解.jpg

椎間板ヘルニアの起こりやすい場所は、第四腰椎と第五腰椎の間にある第四椎間板が最も多く、ついで第五腰椎と仙骨の間の第五椎間板です。
この図のように腰椎の中にある椎間板が飛び出して、坐骨神経を圧迫して腰が痛い、足が痺れるといった症状が出ます。


>>>もっと詳しく知る

>>>椎間板ヘルニアを改善解消する






posted by 治る at 13:28| 中川式腰痛治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脊柱管狭窄症の原因症状改善方法 坐骨神経痛、分離症・すべり症、椎間板ヘルニア改善 プロ野球選手も御用達!中川式腰痛治療法

中川式腰痛治療法は、これまでに50万人の人達を痛みから救ってきた腰痛治療法をお伝えします。
治る見込みがないと医師にさじを投げられた1000人以上の「坐骨神経痛」、「脊柱管狭窄症」、「分離症・すべり症」、「椎間板ヘルニア」、など、様々な患者の腰痛さえ治すことができた腰痛治療法をお伝えします。




>>>詳細を先にみる


○脊柱管狭窄症の原因

脊柱管とは脳から下りてくる脊髄神経のことを指します。その神経が通っている穴は三角形になっています。

それが老化や、運動不足などによって軟骨がついてくる。あるいはヘルニアによって、押されてしまう。

そうすると脊柱管が締め付けられます。

ただ、今までは椎間板障害と呼んでいたのですが、最近の医者は揃って何かと脊柱管狭窄症と診断してしまうようです。


○脊柱管狭窄症の症状、間欠性跛行

脊柱管狭窄症になるとこのような症状が表れます。あなたがお困りの症状もきっと含まれていると思います。

●体を動かすと症状が強くなり、安静にした時に痛みが軽くなる

●しばらく歩くうちに痺れや痛みが出て歩くことが困難になるが、休むとまた歩けるようになる

●お尻か脚部にかけて痛みだけでなく、痺れが出る

●脚部や腰部に脱力感を感じる

●階段などでよくつまづく


脊柱管狭窄症になると歩行が不自由になることが多くなり、また腰が曲がる、腰や足が痛い、激痛がするなどの症状が表れます。

もしかしたら、あなたも少し歩いて休み、また歩いて休みと、数10mずつ進むのに苦労しながら、休みながら歩いているかもしれません。
このような状態を「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」といいます。

間欠性跛行とは少し休めば回復し、休み休みまた歩けるというのが特徴です。

あなたは様々な整形外科や接骨院、もしくは整体院などに行き、
脊柱管狭窄症の原因をどのように説明されたか分かりませんが痛みの原因をこう思われていませんか?

1.脊柱管狭窄症は「脊柱管のある部分が狭くなったために起きる病気」である。

2.腰や足の痛み・しびれは「脊柱管が狭くなり、神経を圧迫している」のが原因


ほとんどの医者が、このような説明をされますが、もしあなたがこんな風に思っているのであれば、それは間違ったお話を聞いています。


もしあなたが医者の話を信じてしまっているのであれば、今ここでその話を一旦手放して、私の話を聞いてみて下さい。

これから私がお伝えるお話を良く聞いて下さい。
まず、世間の病院に行くと脊柱管狭窄症の原因はこのように説明されます。

「脊柱管が狭くなったから激痛が起きる」

「神経を圧迫してるから激痛が起きる」


しかし、私から言わせるとこの常識は大きな勘違いを含んでいます。

まず、理解を深めて頂くために、脊柱管狭窄症の原因を3つのタイプに分けて考えましょう。

1、神経根型(しんけいこんがた)

2、馬尾型(ばびがた)

3、混合型(こんごう、上記二つの混合です)


脊柱管狭窄症の原因は、水道のゴムホースがギュッっと圧迫されて細くなった状態をイメージしてください。水が流れにくいのが想像出来ると思います。

神経の束がはいっている脊柱管に横から圧力をかけられると神経の電気信号が流れにくくなります。

ところが、

「脊柱管が狭くても激痛から解放されている」

「神経を圧迫していても足の痛み・痺れから解放されている」


このような方がたくさんいる事実があるのです。
少なくとも私の治療院に来る患者で、このような方は大勢います。

何故、このようなことが起きるのかというと、
人間の体の構造上、物理的に考えて「血流を良くしたら楽になる」という証明なのです。

今まで様々な病院をたらい回しにされ、悩んでいる患者さんや家族にとっては、衝撃的な事実ではないでしょうか。
結論、脊柱管狭窄症の症状があってもなくても痛みとは全く関係ないという事実をここで知って下さい。


>>>もっと詳しく知る

>>>脊柱管狭窄症を改善解消する確かな方法


















posted by 治る at 13:17| 中川式腰痛治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。